FC2ブログ
コンテントヘッダー

サブウーハーBOX

今回のお題は

サブウーハーBOX

カーオーディオの魅力の中に このBOXの世界がある

スペースをどう使うか 中にはサブウーハーそのものを車の一部にするような取り付けも

サブウーハーには決まった容量がある 中には容量の幅があるものもあるので

どのサイズにするのかから悩むことも多い

またそこが面白みでもある

BOXそのものも多くの種類があり 作り方もある

BOXに関してはきりが無い

中には何個か作り 付け替えて楽しむユーザーも存在する

IMG_2675_convert_20181207101133.jpg

IMG_2205_convert_20181207101250.jpg

IMG_0464_convert_20181207101152.jpg

IMG_0858_convert_20181207101210.jpg

IMG_2497_convert_20181207101308.jpg

IMG_1806_convert_20181207101229.jpg

当店の制作費は 材料と工賃を分けて考えています

材料によっても変わるのがこのBOXの世界

スタンダードなものは 材料8000 工賃12000で 20000円~

ひととうりオーディオの機材がそろってきたら

サブウーハBOXの世界へ来て見ませんか
コンテントヘッダー

このジャンル 

今回ご紹介は

Lauren Daigle (ローレン ダグル又はデイグル)

lauren-daigle-a62293c583500747_convert_20181206095353.jpg

この人のことは最近知った

You Say と言う曲が単純にいいと思った

動画

この人のジャンルが

クリスチャン・ミュージック

2017年のグラミーでも このジャンルでノミネートをされていたみたい

正直私がクリスチャンではないので 多くを語る資格はないが

音楽として 素直にいいと思うものなのはたしか

昔 天使にラブソングなどで ゴスペルという音楽に感動したが

2018年 このLauren Daigleをきっかけに 

少し勉強してもいいかなと思うジャンルです
コンテントヘッダー

カーオーディオ入門 2 フロントスピーカー

今回はカーオーディオ入門 第二弾

フロントスピーカー

KSS6704_convert_20181129113811.png

前回のお話で サブウーハーのことはお分かりいただけたと思うので

次のステップ フロントスピーカーの選び方

まず大事になってくるのは 予算

これからのことはわからないという意見が非常に多いが

ある程度先のことを考えないと宝の持ち腐れになってしまうことが多い

なぜなら フロントスピーカーの先にあるものは アンプという世界

このアンプというものが後々考えさせられてしまう

お店でよく話す内容がある たとえ話なのだが

スピーカーは車でいうと ボディー アンプはエンジン

高いスピーカになればなるほど 大きなボディーと思って欲しい

純正のスピーカーを 軽自動車と仮定して デッキ内蔵アンプを 660ccと仮定する感じ

マーチクラスのボディーであれば 1200ccぐらいでもいいが

クラウンぐらいだと2500cc以上は欲しい

欲を言えば マーチで1500cc クラウンで3500ccの方が面白く走れるように思う

スピーカーとアンプの関係も私はこのように考える

ということは フロントスピーカーを買うときに 後のことを考えず購入すると

クラウンに1200ccのようになりかねない

これでは 見た目だけの車になってしまう

カーオーディオでは意外とこういう車が多いと思う

要は見えない世界なので

しかしながらもったいないというコメントがでてしまう

フロントスピーカーはカーオーディオに魅了された人ならば

3回は買い換えるだろうと思う

よく家も3回立てないと理想の家は出来ないと昔の大工さんは言いましたが

フロントスピーカーもそうだと私は思います

ということは 始めは価格の安いものから 

その仕組みを理解していくことを私は勧めています

金額は上には上がありますので

フロントスピーカー購入時には 是非 アンプのことも考えながらプランを立てるのがいいでしょう

フロントスピーカーのチョイスでもうひとつ大事なのが

取り付け方法

KS_coaxials_convert_20181129113741.png

特にツイーターの取り付けです

お車によっては取り付け費用がかさむ理由にもなります

このようなことも含め ご予算を決めて無理なくカーオーディオを楽しんでいただきたいと思います

最後に少し毒舌コメントですが メーカーはどこが良いかと聞かれることが多いですが

価格帯の安いものに関しては どこもあまり変わらないと私は思います

そのメーカーの高いものになってくれば メーカーの個性が出てくるので大きくちがいますが

宇多田ヒカルがJUJUにはなりません

当店では スピーカー アンプ のラインナップがそろっているメーカーをはじめは進めます

今後のステップUP時も メーカーを迷わなくてすみますからね

スピーカーとアンプは違うメーカーのほうがいいという方もいますが

車のタイヤをフロントがブリジストンでリアがダンロップのほうが走りがいいというのに近い気がして

私はあまり好きではありません

突き詰めればそういうこともあるでしょうが

始めからそうなるより もっと楽にカーオーディオを楽しんでもらいたいですね

おっと 悪い癖ですね 毒を吐くと はき過ぎます (反省)

今回のまとめです

アンプのことも考えて 無理なくフロントスピーカーを決めましょう

それでは 次回 アンプ編を お楽しみに

kx2_stereo_convert_20181129113831.png
コンテントヘッダー

バッテリー 

さて いよいよ冬本番になってまいります

今日のお題は

バッテリー

最近の車は昔の車に比べバッテリーが小さい

技術の進歩はもちろんだろうが コスト スペースといった理由もあるだろう

冬にはよく エンジンがかからないといったトラブルが増える

理由はバッテリーが多い

さっきまでかかっていたのに 多くの方が出すコメントです

昔の車と違い 最近の車はある程度バッテリーがよわると

スターターを回さない車も多くある

キュッ キュッ 。。 ブォン かかった~ のようなあまりにも元気の無いかかり方は 昔の車なのだ

そうなる前に 早めの交換をお勧めいたします

4年使っているものに関しては 交換をオススメしています

当店では多くのブランドを取り扱っています

parts14_ph03_convert_20181128175846.jpg

parts15_ph01_convert_20181128175900.jpg

news130607panasonic2_convert_20181128180622.jpg

slider06-3_convert_20181128180638.jpg


純正はもちろんのこと

ワンランク上のバッテリーをつけるのもいい選択です

また シールドバッテリーをお使いのお客様は

充電器もオススメしています

ご自宅で充電することが難しいお客様には

バッテリー充電のメニューもございます (1000円~)

冬対策 または年越し前にお車のメンテナンスとして

バッテリーチェックはいかがでしょうか
コンテントヘッダー

ACG2018ファイナル お台場

昨日はお台場に行ってきました

ACG2018ファイナル

今年はサウンドファナティクスが復活ということで

ヴェルファイアのH氏参戦

結果 入賞いたしました

おめでとうございます

IMG_6677_convert_20181126102815.jpg


IMG_6681_convert_20181126102801.jpg

ACGクラスには エスティマの T氏参戦

入賞とはなりませんでしたが たくさんの方に車を見ていただき

いい思いでも出来たのではないでしょうか

97CC41C8-A2FB-4A78-BA97-E88AE9839664_convert_20181126102841.jpg

AF33F073-A45A-4232-BE1C-CF576CA40B8F_convert_20181126102828.jpg

IMG_6616_convert_20181126102900.jpg

私はお昼のステーキが美味しかったのが思い出です なんて言ったらいけないですね(笑)

今回は3人でしたが 一日まったりと楽しんできました

今年はこれでイベントは終了かな

簡単ですが イベントレポでした
最新記事
カテゴリ
当店人気プラン
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク