fc2ブログ
コンテントヘッダー

ハイエースで100v1500w使いたい

今回の作業はハイエース。

車の中で大容量の100vコンセントが欲しいという依頼でした。

車との連動ではかなり大掛かりな装置の取り付けとなります。スペースも含めてね。

なるべく使い勝手のいいようにしたいと思います。

では早速。

IMG_8475.jpg

商品を並べるとこのぐらいのスペースを使います。

左から2000wと大きく書かれているのが、12vから100vに変換するインバーター。

熱を大きく発生させるので、ファンが付きかなり大きなものになります。

その下にある黒い横長の商品は、バッテリー充電器。これはあとで説明しますね。

真ん中にあるのが、バッテリー。今話題のリチウムイオンバッテリーです。

リチウムイオンバッテリーは正直色々と難しい。このお話はまた次回させていただきます。

今回は室内に置くということと、重量のことも考えて採用しました。

一番右の物が充電制御器。今回は取り付けませんが、ソーラーパネルにも対応した商品です。

では取り付けていきます。

まずメインバッテリーから充電制御装置への配線。

IMG_8519.jpg

オルタネーターの発電量を考え、4Gで配線しています。

次にバッテリーへつなぎ、インバーターに行きます。

IMG_8524.jpg

IMG_8522.jpg

IMG_8520.jpg

各出力にヒューズをつけ配線していきます。今回は商品が近いのでまだいいですが、遠い場合は配線の太さにも気を使わないといけません。なにせ2000wのインバーターなので。

ここではじめに言っていた充電器のお話。

車を止めている際に100vからバッテリーを充電できるようにしました。

充電器はリチウムイオンバッテリー専用の物です。

100v電源を車に取り込むのに使う防水ジョイントはリアにつけました。

IMG_8493.jpg

商品がつながったのでここからは見た目と使い勝手を考えます。

このように作ってみました。

IMG_8483.jpg

IMG_8509.jpg

IMG_8535.jpg

IMG_8539.jpg

上は物が置けるようにテーブルにしました。

IMG_8527.jpg

パネル正面にはバッテリー状況のわかるモニターと。インバーターの電源スイッチを付けました。

1500wの商品を連続運転してみましたが問題なく動作しています。

2000wのインバーターですがさすがに2000w連続運転はつらいでしょうね。

バッテリー残量などがメーターで見えるので、確認しながらうまく使うことが出来そうです。

実際に使ってみてどのくらいの時間稼働できるかと、充電にどのくらい時間がかかるかは、今後確かめていくようだと思います。

今回の作業はここまでです。

キャンピングカーのリフォームやワンオフ商品のご相談。お気軽にお問い合わせください。

RYSOUNDホームページ
最新記事
カテゴリ
当店人気プラン
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク