FC2ブログ
コンテントヘッダー

カーオーディオ入門 4 ケーブル

今晩はケーブルについてのお話です

カーオーディオではいくつかのケーブルを使います

スピーカーケーブル RCAケーブル そして電源ケーブル

今回は電源ケーブルについてのお話です

特にパワーアンプに使う 8G 4G 0G などのケーブルです

ちなみに G(ゲージ)と言う単位です

数字が小さくなると太くなります お間違えの無いように

24420064_convert_20181222203836.jpg

さてまずは電気のお話から

電気は目で見えませんので 説明するときにたとえ話でよくします

人によってたとえが違うので混乱するときもあると思いますが

今回は滑り台で説明します

sozai_image_42729_convert_20181222203818.png

まず 電圧 V ボルトと言われるものはこの滑り台で言うところの

高さになります

車の場合 12V

この滑り台の高さです

24Vだったら倍の高さと思ってください

さて次に 電流 A アンペア は滑り台をすべるスピードです

滑り台の傾きを急にすればすべるスピードは上がります

逆にゆるやかにすればスピードはゆっくりになります

例をあげると スピードが速い 100A ゆっくり 10Aといったぐあいです

滑らせるものは 水でもボールでも自由に想像してください

100A 10A パワーの差は想像できますよね

そのパワーが W ワット となります

さて今回のお題 ケーブルはどこなのか

それは 滑り台の壁 赤いところです

100Aならば高い壁でないと落ちてしまいますよね

10Aならば低い壁でも大丈夫

その壁の高さが

ケーブルの太さとなります

少し強引かもしれませんが

za_convert_20181222204103.png

この表がケーブルの対応電流をしめしています

数字はcm表記です

たとえば 8G 30Aでは線の長さは7.2mまで大丈夫

4G 100Aでは5.4mまで ということです

×印は 使っては駄目ということです

ケーブルは正しく使いましょう ケーブルが限界を超えると一瞬で燃えます

ものすごいスピードで燃えるので本当に危険です

特に電源ケーブルは ボンネットからトランクまで配線することが多いので

車の前から後ろまでが一気に燃えてしまいます

決められた太さ また ヒューズをしっかりつけて

安全にカーオーディオを楽しんでくださいね

では次回をお楽しみに
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
当店人気プラン
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク