FC2ブログ
コンテントヘッダー

34GTR スピーカー取り付け

34GTRへケンウッドのスピーカーを取り付けました

フロントはKFC-XS1703を取り付けです

インナーバッフルは今回製作いたしました

IMG_7995_convert_20190426102014.jpg

ツイーターはダッシュに取り付け

IMG_8001_convert_20190426102028.jpg

リアスピーカーはKFC-RS173を取り付けました

IMG_7991_convert_20190426101951.jpg

こういった車種でもスピーカーを交換していただける

うれしいですね

ご依頼ありがとうございました

運転に音楽に楽しんでくださいね
コンテントヘッダー

アテンザ ロックフォード

今回のお車は

マツダ アテンザ

IMG_7788_convert_20190321141542.jpg

この風貌でディーゼル

マツダならではの一台です

フロントスピーカー サブウーハー アンプはロックフォード

プロセッサーはオーディソン

デッキは純正デッキの内容となります

IMG_7798_convert_20190321141643.jpg

IMG_7791_convert_20190321141614.jpg

IMG_7789_convert_20190321141556.jpg

IMG_7792_convert_20190321141630.jpg

デッキ 純正デッキ

プロセッサー オーディソン bitTEN

フロントスピーカー Rockford Fosgate T2652-S

サブウーハー Rockford Fosgate P3D4-12

アンプ Rockford Fosgate T400-4
     Rockford Fosgate T500-1bdcp

フロントスピーカーはマルチでならしています

当店では人気の組み合わせとなります

金額的には高い商品だと思いますが オールマイティーになってくれるシステムだと思います

オーディオの仕上がりは システムチョイスがとても大事だと考えています

当店で人気となる組み合わせは実績に伴っていると思います

月に一度試聴会をしています

まずは本物を聞いてみてください

試聴会の情報は直接連絡をいただければお伝えいたします

メール
info@rysound.com
コンテントヘッダー

サブウーハーBOX

今回のお題は

サブウーハーBOX

カーオーディオの魅力の中に このBOXの世界がある

スペースをどう使うか 中にはサブウーハーそのものを車の一部にするような取り付けも

サブウーハーには決まった容量がある 中には容量の幅があるものもあるので

どのサイズにするのかから悩むことも多い

またそこが面白みでもある

BOXそのものも多くの種類があり 作り方もある

BOXに関してはきりが無い

中には何個か作り 付け替えて楽しむユーザーも存在する

IMG_2675_convert_20181207101133.jpg

IMG_2205_convert_20181207101250.jpg

IMG_0464_convert_20181207101152.jpg

IMG_0858_convert_20181207101210.jpg

IMG_2497_convert_20181207101308.jpg

IMG_1806_convert_20181207101229.jpg

当店の制作費は 材料と工賃を分けて考えています

材料によっても変わるのがこのBOXの世界

スタンダードなものは 材料8000 工賃12000で 20000円~

ひととうりオーディオの機材がそろってきたら

サブウーハBOXの世界へ来て見ませんか
コンテントヘッダー

PHASS取り扱い開始

PHASSの取り扱いを開始いたしました

メーカーページ

FD0590ex-clipping-365_convert_20181122172558.jpg

近年の作業傾向から 古いお車へのオーディオ取り付けに関しまして

フルレンジスピーカーの需要が多くなったため

当店では PHASSを進めています

お車の雰囲気を壊さずにカーオーディオを楽しんでいただけると思っております

宜しくお願い致します
コンテントヘッダー

KEY

少し時間がたちましたがこのアンプの話をしていませんでしたね

KEY(キー)

key_smart_convert_20181031182311.jpg

KICKERが2018新しい提案をしてきました

自動調整のアンプです

もう使われている方もいらっしゃると思いますが

まだまだ知らない方も多いと思います

4チャンネルアンプなので フロント2wayをマルチ接続

もしくはバイアンプ接続できるネットワークに接続

この二点はカーオーディオ好きには良くわかる話し

でもこのアンプ フロント リアにつなぐ目的でも考えられています

取り付けの仕方は 現在のフロント リアのスピーカー線に割り込ませ

まぁ あたりまえですが

後は自動調整の儀式

IMG_6406_convert_20181102213320.jpg

こんな感じで運転席のヘットレスト上に置き

ボタンを押して 5分ほど待つと

調整完了

ボタンひとつで 調整前 調整後の切り替えが出来るのもいいところ

言葉では難しいが 聞いてみるととってもわかりやすい変化が体感できます

フロント リアのスピーカーが 調整した席の人専用になる

リアスピーカーって後ろの席の人用があたりまえ

その当たり前がかわります

5.1チャンのリアサテライトスピーカーと言ったら言いすぎですが

わかりやすく言うとそんな感じです

そしてなによりこのアンプの一番は

自動調整

DIYオーディオの方には 最高の見方です

当店では商品お持ち帰り特価も設定

取り付けサポートも もちろんしますのでご安心ください

是非 ご自分で付けて見てください

面白いですよ

フロント リアの使い方はプロが調整して勝てるかな?とおもうぐらいです

色々な席で調整するのも面白いでしょうね

KEY180.4 定価59000円
最新記事
カテゴリ
当店人気プラン
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク